父母は釈尊の化身であった - 南栄造

父母は釈尊の化身であった

Add: bacadesu50 - Date: 2020-11-27 05:42:52 - Views: 4743 - Clicks: 1390

8月15日、3代将軍家光は増上寺19世法主智童に斎(食事)を供(供養)しました。前年の寛永13年(1636) には、江戸城と増上寺を合わせて8回も、智童に「斎を供した」という記事があります。徳川家が菩提寺を大事に していた証でありましょう。 参考文献 1. ?~寛永15年(1638) 慶長19年(1614)、しだいに厳しくなるキリシタン弾圧の中、宣教師シャビエルが追放されて祖国へ帰ろうとするときでした。 「今より25年ののちに、天より16歳の神童が遣わされるだろう。その少年は生まれながらに諸道を知り、やすやすと不思議なしるしを顕わす(中略)人は首にクルスをいただき、山野にはたちまち白旗がなびき、キリスト教の宗威は異議を飲み込み、天帝はあまねく万民を救う。そのときは、東西の空は雲が赤くなり、枯れ木に花が咲くだろう。これぞ瑞相である」 彼は一つの予言を残して去っていったのです。そして予言の示す寛永14年、朝焼け夕焼けは禍々しいほど鮮やかに映え、秋に桜の狂い花が咲く中、少年は請われるままに、キリシタンたちを率いて島原に乱を起こしました。世に名高い島原の乱です。『徳川実紀』3によると、当時彼は16歳。まるで少女のような端正な美貌と、学問もせずに難しい書物をすらすらと読みこなす、神に近い明晰な頭脳の持ち主だったと伝えられています。また、空飛ぶ鳩を呼び寄せて手に止まらせ、手の平の中に卵を産ませると、その卵を割って、中からキリシタンの経文を取り出. . ぶらぶら敬天愛人 希少価値・うずもれた・忘れられた・すてられた・きらわれた・見過ごされたあらゆる物体・特異現象・ところ所在・心情、などを奇人変人と謂われても徒労を厭わず袖に涙しつつ、 ぶらぶらあちこち訪ね散策します。. 護法善神 十二天 仏教の護法善神である「天部」の諸尊12種の総称である。密教では四天王とともに重視されている。 仏教流布以前の古代インド神話やバラモン教の神々が仏教に取り込まれ、護法善神となったものである。 十二天のうち、特に八方(東西南北の四方と東北・東南・西北・西南.

古代から近代のアジア——インド、南アジア、中国等 東アジア、日本——の哲学、宗教思想と文化、芸術の交流についての断章。 中国は四書、五経の国であり、五常、五倫の平常道を重んじる。先祖と父母を尊崇する。. *家長の戒め ブッタの考えはシガーラの教えに示されている。釈尊がラージャグリハの竹林園にある栗鼠飼育所にいた時のことだが、富裕な市民の息子でシガーラという若者が朝早く起き、沐浴をし、天地、東西南北の方角を一生懸命礼拝していた。. 【読方】土というは観経の浄土これなり。また菩薩処胎経等の説のごとし。すなわち懈慢界これなり。また大無量寿経の説のごとし。すなわち疑城胎宮これなり。 【字解】一。観経浄土 『観無量寿経』に説かれたる浄土のこと。即ち定善十三観に説かれた宝地、宝樹、宝池、宝楼等の依報荘厳、及び第九の真身観等の正報荘厳を総称して観経浄土という。 二。菩薩処胎経 七巻。具には『菩薩従兜術天降神母胎説広普経』という。天宮品、遊歩品より起塔品、出経品まで凡て三十八品あり。仏一代の行化に寄せて、種々の法門を説く。 三。懈慢界 懈慢辺地ともいう。極楽浄土の辺地にして三宝を見聞することが出来ない。真門の自力念仏者の生まるる疑城胎宮に対して、これは要門自力の行者の往生する化土の称である。 四。疑城胎宮 二十願の自力念仏の行者の往生する化土である。この疑城に生まるれば三宝を見聞することが出来ないこと、恰も胎児のようであるから、胎生という。その胎生の宮殿であるから疑城胎宮といい、単に胎宮ともいう。この疑城胎宮は、二十願の機のみならず、第十九願の要門の機の往生する上にも通ずることがある。 【文科】化身の次. 4月8日、祐天上人は磐城で誕生されました。奇しくも釈尊と同じ日の誕生でした。一説によると、新妻小左衛門重政の長男でした。生家の場所は、現在の福島県いわき市四倉町仁井田です。この地は海岸線に比較的近く、漁村と農村の中間的場所で、大変信心深い地域でした。 参考文献 1.

27 八尊光倫会だより 新型コロナ滅宝印 受付終了のお知らせ. 親鸞は父母の孝養のためとて念仏、一返にても申したることいまだ候わず。 この親鸞は、亡き父母の追善供養のために、念仏いっぺんたりとも となえたことは、いまだかつてないのです。 そのゆえは、一切の有情は皆もって世々生々の父母兄弟なり。. 釈尊の王子時代、その身辺にあって釈尊を守っていた家来達がモデル。 仁王の阿形と吽形は 陰陽の表現です。 一般には阿は口を開いて発する最初であり、吽は口を閉じて発する声の最後なんだといわれています。. 将軍家光は、この頃すこし情緒不安定な日々が続いていたようで、ちょっとしたことで家臣に当たり散らすために、仕える者たちは毎日ビクビクしながら過ごしていました。将軍にいつまでも鬱々とされていては困る、と考えたのでしょう。老中をはじめ諸大名方が、鬱気を慰めるために、江戸城内で風流囃子物を興行したのです。これは、仮面をつけて刺繍された華やかな衣装を着て踊り、唄うものですが、このときは猿楽狂言を演じたそうです。皆壮麗の限りを尽くし、各大名方の家臣も総動員しての舞いには、家光もいたく満足したらしく、舞手にも直々に賛美の声をかけました。後日においてもこの風流囃子物は催され、その風潮が城下にも伝わったらしく、江戸市中で流行するに至ったのです。 参考文献 1. 近代文藝社 宗教の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 父母は釈尊の化身であった 単行本の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 仏の化身のような大聖者といえども、その時々の災を免れることは不可能のようである。 昔、インドのハラナイという国に、戒定智(かいじょうえ)・三学兼備の修行者(注10)がいた。.

釈尊出現の本意は阿弥陀仏の本願を説くためであったことを顕し、 その本願は、凡夫にふさわしい救いの法であることを明らかにされた。 釈尊は楞伽山で、多くの人びとに次のように予言された。 「私が入滅した後、南インドに龍樹菩薩が現れて、. そもそも発端は、私たちが、 果てしない遠い過去から生まれ変わり死に変わり苦しみ悩み続けていたことにあります。 生まれがたい人間に生まれても、 「人間に生まれてよかった」という生命の歓喜がなく、 どれだけお金があっても、どれだけやりたいことをやっても、 心からの安心も満足もなく、一時的な楽しみは、はかなく消え失せ、 次から次とやってくる苦しみにあえぎながら、 苦しみ悩みの人生を送っています。 そして、この先も永遠に苦しみ迷いの旅を続けなければなりません。. 大乗仏教と小乗仏教の違いを教えてください。 大乗仏教も小乗仏教も、大乗仏教徒の間での名称です。学術的には、大乗仏教=大衆部仏教小乗仏教=上座部仏教もしくは原始仏教になります。この考え方は、日本が明治時代に入って、南条文雄など多くの僧侶がイギリス(明治時代のインドは. 「もし父母三途に生まれて重苦をもうけむに、これを助けざらむ」 という強い使命感があったからこそ釈尊と出会えたのでしょう。 明恵は自分の進むべき道を釈尊に見いだしました。 「仏の深い真意をたずねるための勉学」は、. 【読方】謹んで化身土をあらわさば、仏というは無量寿仏、観経の説のごとし。真身観の仏これなり。 【字解】一。化身土 または化土、方便化身土という。衆生の機に応じて化現せる浄土。但しここには通常いう所の変化土ではなく、弥陀の報土中の化土である。第十九、第二十の自力を執する機類の為に方便して、真報土中に仮に化現せる仏土をいう。即ち嬰児を抱く胎中のような浄土である。 二。真身観 観経十六観法の第九観。阿弥陀仏の身相光明を観ずること。この観法をなせば、十方一切の諸仏も観ずることが出来るから、「遍観一切色身想」とも名づける。第八の像観に対して、この観法を真身観という。 【文科】本章は化身土の大略を示されるのであるが、その中第一節に化身を顕わし給う。 【講義】謹んで浄土真宗に建つる所の化身化土の何たるかを顕開せば、その仏は、『観無量寿経』に説かれたる十六観法の第九真身観の仏である。即ち法性より顕現〈あらわ〉れたる報身仏ではなくして、機に応じて形を示し給える六十万億那由他恒河沙由旬という有量の方便化仏にてまします。 【余義】一。化身とは『観経』の真身観の仏であるというこの文につ. 「阿弥陀如来」の「阿弥陀」には、2つの意味があります。 1つは、「アミターバ(阿弥陀婆)」で、 光明無量ということです。「光明」とは仏様のお力です。 阿弥陀仏の光明の届かないところはありませんので、 空間的に限りがないということです。 もう1つは「アミターユス(阿弥陀庾斯)」で、 寿命無量ということです。 阿弥陀仏の寿命は限りがないので、 時間的に無限ということです。 その空間的にも時間的にも変わらない、 すべての人を本当の幸せにする真理です。 本来はそんな色も形もない、心も言葉も及ばない、 言葉を離れた真如ですが、 それでは私たちの認識に乗りませんので、 救うこともできません。 そこで、私たちと直接関係を持てる立場になって、 私たちを救う縁手がかりを作ろうと、 形を現されたのが阿弥陀如来です。 ちょうど、水の因に、風の縁が加わって、波と姿を変えるように、 父母は釈尊の化身であった - 南栄造 真理としての仏は私たちに分かりませんので、 苦しみ悩むすべての人を何とか救ってやりたいという 大慈悲心の風にゆられて 真如の働き実現するために人格的に体現されたのが 阿弥陀如来なのです。.

See full list on shinshu-hondana. 一巻からなる。浄土真宗の根本経典「浄土三部経」と呼ばれる経典の中の一つ。『無量寿むりょうじゅ仏ぶつ観経かんぎょう』『十六じゅうろく観経かんぎょう』『観経かんぎょう』などとも呼ばれる。梵語ぼんご(サンスクリット)による原典は見つかっていない。本願寺第22代鏡如きょうにょ(大谷おおたに光瑞こうずい,)が率いた大谷探検隊によってウイグル語訳の断片が発見されているが、漢訳からの翻訳であった。現存する漢訳は劉りゅう宋そうで活動した西域さいいき僧の畺良きょうりょう耶舎やしゃ(382-443)が訳したもののみであり、本経典の成立の過程は明らかにはなっていない。対告衆たいごうしゅは後述する韋提いだい希けと弟子の阿難あなん。. 仏像の発生 大乗仏教の興りと時代を同じくして地域、様式の異なるマトゥラーと ガンダーラに於いて 礼拝の対象として製作されるようになる、仏像とは二世紀初め頃にクシャーン王朝に於いてマトゥラー地方に赤色のインド砂岩に彫られた、因みにマトゥラーでは仏像だけでなくジャイナ教や. お釈迦さまは阿弥陀如来について、『大無量寿経』や『阿弥陀経』をはじめ、『法華経』にも『華厳経』にも『般若経』にも『涅槃経』にも、経典の至るところに説かれています。 そのため天台宗の荊溪湛然(けいけいたんねん)(711-782)は、『摩訶止観(まかしかん)』の注釈書にこう書いています。 「諸教に讃ずる所、多く弥陀にあり」 (『止観輔行傳弘決(しかんぶぎょうでんぐけつ)』) お釈迦さまが、多くのお経に讃えられているのは、阿弥陀如来のことである、ということです。 それというのも、阿弥陀如来は、 信じられないかもしれませんが、 大宇宙にガンジス河の砂の数ほどましますと説かれる 大宇宙の仏方の『本師・本仏(ほんし・ほんぶつ)』だからです。.

52)。なお、大乗仏典にはこの『観無量寿経』だけでなく、さまざまな仏典において栴陀羅への蔑視べっしや差別表現が見られる。 栴陀羅への蔑視は日本に経典がもたらされることによって、日本に存在した被差別民「穢多えた・非人ひにん」への蔑視と同一視されていく。以下、浄土真宗における例を挙げる。 ※この書籍は初版以降、1973年まで改訂されることなく出版社を変えながらも出版され続け、1980年になってやっと問題箇所が修正された『浄土三部経講義(改訂新版)』(平楽寺書店)が刊行された。 ※ Candala の正しい綴りは以下の通り 親鸞もまた、『観無量寿経』を讃嘆する和讃の中で、この部分を受けて「是栴陀羅とはぢしめて」と書いており、今日に至るまで何度. ついに裁定が下りましたね。。まずは、松永様、ほんとうにご苦労様でした。独り腐敗しつくしている執行部へ挑んでいた背中が、とても勇敢であるも、事の外寂しさと悲しい気持ちを抑えてのこの一年、なんとも心細くもあり、さぞ大変な月日だったと伺い知れます。しかしながら、その寂し. 役員長よりお言葉 御聖祖様との御縁八尊光倫会とのご縁は、約30年近くになります。きっかけは、昔の会社の上司と偶然、再開し参拝に誘われたからでした。. 原文で「汚刹おせつ利り種しゅ。臣じん不忍ふにん聞もん。是ぜ栴陀羅せんだら」となっている部分。 「刹利」とは梵語ぼんごクシャトリアの音写で、王族や貴族を示す。「種」は血統や家系を意味する。「栴陀羅」とは梵語チャンダーラの音写であり、いわゆるカースト制から外れた身分外の被差別民を示す。古代インドにおいて栴陀羅(「旃陀羅」とも書く)は、汚れ穢れた人々として衣食住や職業、婚姻まで厳しく差別を受けてきた。ヒンドゥー教の『マヌ法典』によれば、栴陀羅は梵天ぼんてんブラフマン、ヒンドゥー教の最高神の一人)より生まれた「ブラーフマナ」「クシャトリア」「ヴァイシヤ」「シュードラ」の四つの身分とは違い、人間以下の犬や豚と同じ存在であるとされた。釈尊はそのような差別社会にあって、生まれによる貴賤きせん・尊卑そんぴといったものを否定し、一切のものの平等を説いた。インドにおいては1950年に制定された憲法によって、ようやくこの差別制度が法的には廃止されたが、いまもなお、結婚や就職などのさまざまな面で差別は根強く残っている。 『観無量寿経』のこの部分では、「母を殺す」という行為がクシャトリアの家系を汚し、チャンダーラの身分と同等になる行為として描かれている。つまり、クシャトリア(王侯貴族)は善(父母を敬う)を行い、チャンダーラ(被差別民)は悪(父母を殺す)を行なうという、差別的な誤った社会認識と身分意識がこの経典には反映されており、浄土真宗本願寺派の梯かけはし實圓じつえんは「明らかに誤謬ごびゅう」と指摘している(『聖典セミナー 浄土三部経Ⅱ 観無量寿経』P. 老翁は釈尊の化身の天穂日命(鷲大明神)であった。 『鷲宮迦美保賀比』によると、上代に大国主神が天羽車の大鷲に乗って天下を経営した際、当地にその幸魂を鎮祭して「鷲宮」と称した。. See full list on yutenji.

親鸞は『教行信証』の化身けしん土ど文類で、この『観無量寿経』を、表面的には阿弥陀仏や浄土を観想することや諸々の善根を積むことによって浄土に往生する自力の教えを勧すすめていると読むこともできるが、釈尊の真意は下品に説かれている称名念仏を勧めることにあるとし(顕彰けんしょう隠密おんみつ)、定散二善を廃し念仏のみで往生できると解き明かした。また、この経典の宗を方便ほうべん化土けどに往生する「双樹そうじゅ林下りんげ往生おうじょう」(自力じりき諸行しょぎょう往生おうじょう)であるとして、『無量寿経』における真実報土への往生である「難思議なんじぎ往生おうじょう」とは区別し、この経典の全体を『無量寿経』における法蔵ほうぞう菩薩ぼさつの誓願の第十九願(至心ししん廻向えこうの願)の成就文としてとらえている。 また、『浄土和讃じょうどわさん』でも「観経意」として九首の和讃を作成して、この経を讃えている。. 親鸞聖人には、夢の記録が多いとお聞きしますが、どのような夢であったのでしょうか。 昔から、聖人に夢なしといわれますが、親鸞聖人は、最も多く夢を見られたお方のようです。. 聖徳太子は観音菩薩の化身として尊ばれた 。 なお、「聖徳太子は 観音菩薩 の生まれ変わりである」とする考えもある。 その他、室町時代の終わり頃から、太子の 祥月命日 とされる 2月22日 を「 太子講 」の日と定め、大工や木工職人の間で 講 が行なわ.

~530年) ~南禅宗の 慧能 (えのう) (638~713年) を経て継承されていると言はれている、脇道に反れた仏教を本来の「釈尊教え」へ帰を目指す宗派である、禅宗系寺院では正統な 嗣法 (しほう) をオーソライズ ( authorize ) する法会として「 臘八接 (ろうは. 【大意】本章には正しく第十九願『観経』の意を広述し給う。初め第一節に第十九願の大旨として、所化の機類、二尊の能化、第十九願名を挙げ、次にその証文として第二節は経文証である。第一項因願文、第二項成就文、第三項は化身土の証文として広く『大経』『如来会』の文を引く。進んで第三節は釈文証にして、善導、憬興、源信三師の文を挙げて本章了わる。. 「釈尊の深意」「釈尊が言いたかった事」「当時の世界観」 の概要が見え始めることでしょう。 ぜひ、積読書(つんどくしょ)の1つに加えて頂けますように、宜しくお願い致します。.

石城、岩城とも書きます。『磐城志』に、「前に岩前郡、後に石背郡があるので、石城とは石の脇という意味であろう」とあり、山に囲まれた奥地らしい地名であるとわかります。同書はまた、「湯湧」ところという解釈も載せています。別説に、「石城」は「石木」の意味であり、古人がここに石炭が出るのを見て名付けたのではないか、とも言われます。江戸時代にはもう少し広い地域を「磐城」と呼ぶようになり、『葛山氏磐城風土記』には、「寛文9年(1669)、岩木4郡(磐前、菊田、磐城、楢葉)の村数は243、田は1万700町、戸は1万5、000、人口は9万3、000だった」という記載があります。現在では福島県の東部にあたり、四倉はその北東部です。 参考文献 1. Pontaポイント使えます! | 父母は釈尊の化身であった | 南栄造 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 化身思想はヴェーダの中にはないからである。 イランのゾロアスター教の聖典「バフラーム・ヤシュト」の中にはウルスラグナ神の化身思想が見られることから、その起源は中央アジアにあると考えられている。. 阿弥陀如来を架空の仏なのでしょうか? 仏教講座でお釈迦様は阿弥陀如来を弟子たちに私の先生として紹介したと書いてありました。悟りを開いたお釈迦様がそうおっしゃるなら、やっぱり阿弥陀如来は架空ではなく、この世に姿を表してないだけで別の世界に本当にいるのではないでしょう.

. See full list on hongwanriki. 『顕浄土真実教行証文類』(けんじょうどしんじつきょうぎょうしょうもんるい)は、鎌倉時代初期の日本の僧・親鸞の著作である。全6巻からなる浄土真宗の根本聖典である。正式な表題は『顯淨土眞實敎行證文類』と記述されている。 略称一般には『教行信証』(きょうぎょうしんしょう.

祐天上人の両親には、長く子供がありませんでした。なんとか子供を授かりたいと願った母は、二十三夜ごとに月を拝すること、多年に及んだと言われます。ある夜、月を見上げ、祈っていると、月がぐんぐん大きくなって、降下したかと思うと、庭の樹木にとまり(この樹木のことを里人は影響の樹と長く呼んだそうです)清い光で邸内一面を照らしました。上人の母が妊娠に気付いたのは、このことがあってまもなくのことです。 この奇瑞には、時代が降るに従っていろいろな要素が加えられ、『行状記』には「1人の高僧が空中に立って告げたことには、『我は地蔵菩薩なり。汝に1子を授けよう』と言って如意宝珠を賜わった」とあります。祐天上人が、地蔵菩薩の化身だという思想の表れでしょう。また、江戸時代後期に流布した『祐天上人一代記』によると、成田山の不動明王が霊剣を自分の口中へ投げ入れる夢を母が見たことになっています。こちらは、不動尊と祐天上人が結びつけられて(慶安元年「伝説」参照)から書かれた作品と見ることができます。. 【大意】上に第四、第五章に亘りて、広く第十九願『観経』意を開説し了ったから、本章に来りて第二十願『小経』意を開説し給う。 第一節には第二十願大意として、第一項にこの願所破の機類を勧励し、第三項に正しく方便の真門を顕わし、第一科より第五科に亘りて、雑心、専心、善本、徳本を略釈せらる。更に第三項には二尊の能化、第四項に第二十願を標し、第五項にこの願の異名を挙ぐ。その様式は大凡第十九願開説の場合と等しい。 第二節には、善本の経文証として、第一項『大経』第二項『如来会』第三項『平等覚経』第四項『観経』第五項『小経』の文をあげ 第三節には善本の釈文証として、第一項に善導の釈文を第一科「定善義」以下第五科『往生礼讃』まで九文を引き、第二項に大智律師の文、第三項に智円法師の文を引き給う。 第四節には、勧信を経文証として、第一項に『大経』第二項に『涅槃経』の三文、第三項に『華厳経』の二文を引き給い、 第五節には、勧信釈に証として善導大師の『般舟讃』以下四文を引き給う。 これ蓋し『小経』の要義は上に挙ぐる如く善本、勧信の外にないからである。次の第六節の私釈には第一項に機情の失、第二項に悲嘆自督を述べ、第三項に自力の真門に滞るることを誡誨し給う。明徹の択法眼と、懇切なる宗教味は至れり尽くせりである。『小経』を各方面より研覈色味して蘊〈あま〉す所はない。. 寛永14年、『天海版大蔵経』が開版(木版刷り出版)を始めました。大蔵経は一切経とも呼ばれ、仏陀の教説を伝える経蔵、教団や僧侶の規則をまとめた律蔵、仏陀の経説を論述した論蔵の三蔵から成っています。一切経の開版は、鎌倉時代にも行われたものの、寛永寺の開山天海が、徳川家光と企画開版した『天海版(寛永寺版)』が最初のものと言われています。この大蔵経は、木活字を用いて版を組むという画期的な手法により慶安元年(1648)に完成しました。延宝6年(1678)に鉄眼が開版したのが『黄檗版大蔵経』で、現在祐天寺にある大蔵経はこの黄檗版です。これは祐天寺開山祐天上人の随従者である億道和尚から贈られたものです。 参考文献 1. 肥前国(長崎県)島原半島口之津に、キリストの肖像を掲げて布教する者がいました。旧領主からしてキリシタンであったこの地方においてさえ、あまりにも大胆不敵な行動であり、土地の代官林兵左衛門がそれを見とがめ、「沙汰の限りたる儀(とんでもないことだ)」と言って肖像を破り捨てました。これに憤慨したキリシタンたちは、激情にかられて代官を殺してしまいます。10月25日のことでした。この事件から、島原キリシタンたちの悲劇は始まったのです。 寺社を破壊し僧侶を殺し、島原城を包囲攻撃する頃には、半島の南半分はほぼ一揆の勢力下となっていました。島原藩主は救援を請う使者を近隣諸藩へ遣わしますが、元和元年(1615)に発布された「武家諸法度」に、幕府の許可なしに他領地へ出兵することを禁ずる旨の条項があるために、不本意ながらも手をこまねいて見ているほか、仕様がありませんでした。一揆勢は、呼応して立ち上がった、わずか16歳の益田時貞(天草四郎)を中心とする天草勢と海を渡って合流すると、本渡で富岡城代の軍を破り、今度は富岡城を包囲・攻撃し始めます。結局、勢いに乗っているとはいえ、しょせんは烏合の衆で城を陥とすこ. 「南大門」(重文)は、豊臣秀頼が安土・桃山時代、1600年に建立し、大仏殿の真南に建てられていた。 「西大門」は、南大門と同じ様式になる。恭明宮の地にあった。近代、1895年に京都国立博物館用地になり、東寺の南大門として移された。(別項参照). 「化身土巻」「要門釈、第十九願開説、観経の意」 浄土門仏教は阿弥陀如来が救い主であって、釈尊はその道を教えて下さった教え主なのだが、救主と教主を混同するからTS会のように聖道と浄土を混雑させたわけの判らない思考になるのだろう。. 【大意】化身化土の本願たる第十九第二十の二願を標挙し給う。御草本、御真本、高田本は、共に本文標題の前、表紙の裏にあり。「無量寿仏観経之意也」「阿弥陀経之意也」は各願文と平行して右に並べられてある。そして御草本のそれは朱書になっている。本書第一巻六七頁の刊本の校合参照せられよ。 【字解】一。邪定聚機 三定聚の一。第十九願の機類を指す。正しく他力の仏意に叶いたる第十八願の正定聚に対して、これは自力修善の機類であるから貶〈おと〉して邪定聚と名づけられたものである。『倶舎論』第十には、聖者を正定聚と名づくるに対して、五無間業を造る罪人を邪定聚としてあるが、今は随宜転用せられたのである。(本書第二巻七〇七頁参照)。機とは縁に遇うて発動する可能性をいう。即ち教えに薫育せられたる心の有様を指すのである。 二。双樹林下往生 三往生の一。第十九願自力修善の機の往生である。双樹は沙羅(Sala)双樹にて、釈尊、拘尸那城外に入涅槃の際、この双樹の下にせられた。即ち娑婆界の仏身(化身)入滅の象徴〈しるし〉であるから、これをもって化土往生を顕わし給うものである。三往生の名目はもと『法事讃』上四丁に、極楽往生を称えられたものであるが、今これを三三の法門に転用せられたのである。 三。不定聚機 三定聚の一。第二十願の機類を指す。第十八願の正定聚、第十九願の邪定聚の中間にありて、半自力半他力の機類であるから不定聚と仰せられた。『倶舎論』第十には、正定聚の聖者、邪定聚の逆罪者に対して、凡夫を不定聚という。今は上のような意味にて、転用せられたものである。(本書第二巻七〇七頁参照)。 四。難思往生 三往生の一。第十八願の難思議往生、第十九願の双樹林下往生に対して、第二十願の機類の往生を難思往生という。法は他力念仏なれどもそれを修する機に自力を雑〈まじ〉えるから、一字の褒貶をもって義を略し難思往生とし給う。 【文科】「化身土巻」全体に説き明かすべき方便の行信を誓い給える本願及びその機類等を標挙し給う。 【講義】第十九至心発願の願は浄土の要門自力の機類の往生を誓うたものにして、即ち正所被の機は邪定聚と名づけ、その往生は化土の往生であるから双樹林下往生と云う。そしてこれ全体は『観無量寿経』一部の大意である。 次に第二十至心回向の願は浄土の真門、即ち半自力.

釈迦(しゃか)は、紀元前5世紀前後の北インド の人物で、哲学者、仏教の開祖である。 姓名はサンスクリット語の発音に基づいた表記ではガウタマ・シッダールタ(梵: गौतम सिद्धार्थ Gautama Siddhārtha )、パーリ語の発音に基づいてゴータマ・シッダッタ (巴: Gotama Siddhattha.

父母は釈尊の化身であった - 南栄造

email: zimetur@gmail.com - phone:(992) 464-4640 x 7912

プロが教える 人体のすべてがわかる本 史上最強カラー図解 - 竹内修二 - モードの 第二次大戦後から現代まで

-> 実在ニョーボ よしえサン日記 - 須賀原洋行
-> リボンアート・フラワー - 長谷良子

父母は釈尊の化身であった - 南栄造 - コンピュータは考える


Sitemap 1

新編脳卒中の生活ガイド - 前田真治 - 若月京子 オレがオメガなんてありえない