これでわかる産業用洗浄技術 - 経済産業省特許庁

経済産業省特許庁 これでわかる産業用洗浄技術

Add: jesijac60 - Date: 2020-12-08 20:35:00 - Views: 4446 - Clicks: 7517

統計分類: 日本標準産業分類(平成25年年10月改定) 大分類: 経済産業省特許庁 e 製造業: 大分類の説明: 総 説 この大分類には,有機又は無機の物質に物理的,化学的変化を加えて新たな製品を製造し,これを卸売する事業所が分類される。. 9%となっており、逆に「維持・補修」が増加し、年以降最大の投資目的となっている(図122-2)。また、「新製品・製品高度化」や「合理化・省力化」も増加傾向にあり、海外展開が進む中で国内拠点の競争力を維持・強化していくため、国内生産の製品の高付加価値化や新しい技術の導入、また、効率化に向けての投資を行っている様子がうかがえる。 実際、国内での新規投資は様々な業界で進んでいる(図122-3)。例えば(株)堀場製作所においては、新しい開発・生産拠点を建設予定であり、新生産方式の導. 【参考・経済産業省事業】炭素循環社会に貢献するセルロースナノファイバー関連技術開発事業 (1)革新的cnf製造プロセス技術の開発と(2)量産効果が期待されるcnf利⽤技術の開発を行います。これらに付帯する安全性評価業務は委託事業とし、その他開発は. 経済産業省の試算によれば、これまでの導入トレンドを踏まえると、年までに700億kWhにあたるコジェネが全国で導入されると見込まれています。さらに、新たな活用などによって追加的な導入が進めば、合わせて1190億kWh程度に達すると見込まれています。新たな活用先として考えられているのは、以下の3つです。 ①については、経済産業省でもコジェネなどの設備をエネルギー管理システムを用いて制御し、エネルギーを面的に利用する地産地消型エネルギーシステムの構築を支援する事業をおこなっており、全国各地で構築が進められています。また、年度から販売を開始した業務・産業用燃料電池についても、普及拡大を進め、価格低減を図ります。 ②の「余剰電力の売電」は、さらに追加的な経済的メリットであるといえます。近年の電力・ガス制度改革によって、コジェネで作った電力の市場取引が活発化することが期待されています。 ③については、実際の導入量は、電気料金や燃料の価格動向に大きく左右されると見られるものの、コジェネが普及するためには、コジェネによって燃料費削減などの経済的メリットを得られることが鍵となります。特に今後、更に普及拡大していくエネファームの低コスト化を実現することは重要です。 コジェネの導入を拡大するために、エネファームなど燃料電池を使ったコジェネの導入を支援する補助金や、エンジンなどを動力とした業務・産業用コジェネの固定資産税を減免するなどの支援策も実施されています(補助金、税制等の内容は年2月時点のものとなります)。しかし何よりコジェネの普及に必要なことは、コジェネが生み出す「熱」の利用先を見つけることです。次回は「熱エネルギー」について、現在の主な供給方法や課題などについてご紹介しましょう。.

大企業には人材、資金、技術等が潤沢にあるが、既存事業の収益目標もあるため、既存事業と市場が重なる、もしくは既存事業に将来置き換わる可能性がある新しい事業や製品分野に資源投入しにくい傾向にある。また、会社の競争力の源泉ともなっている確立されたブランドイメージを大事にするため、斬新なアイデアや製品を世に出しにくいという面もある。 こうした状況を打破するための方策としては、大企業発ものづくりベンチャー、大企業とものづくりベンチャーとの連携、大企業の経営層の事業評価の方法の改革等が考えられる。 まず、大企業発ものづくりベンチャーであるが、別会社として新規事業・製品を既存事業・製品と切り分けることで、既存事業との関係や確立されたブランドイメージとの関係などで世の中に出すことができないアイデアや製品について、実現することが可能となる。 また、大企業とものづくりベンチャーとの連携であるが、大企業には有効活用されていない知財・アイデア・技術・人材が存在し、こうした資源をベンチャー企業に拠出し、それにより新しい事業や製品を世に出していく事例も出てきている。特に、イノベーションを起こすマインドを持っ. . 資源エネルギー庁では、エネルギー施策の一環として、バイオマス・エネルギーの利活用に関するさまざまな支援をおこなっています。 たとえば、バイオマス発電は、再エネでつくった電気を固定価格で買い取る「FIT制度」(「FIT法改正で私たちの生活はどうなる?」参照)の対象となっています。FIT制度により運転が開始されたバイオマス発電の導入量は、制度開始年度の年度末時点では1. なぜ今「水素」が注目されているのか:水素利用においては世界のトップランナー 水素エネルギーについては、従来から産業ガスやロケット燃料などの特殊用途として使われていたが(表1)、水素エネルギーや燃料電池技術に関するこれまでの研究成果が、現在日本において実を結んできて. 産業用ロボットは軽量化によるタクトタイム向上や安全性向上のために、樹脂素材と異種 素材との接合技術の適用が期待される。産業用ロボットの世界の市場規模は年末に約 34. 経済産業省の創造技術研究開発 費補助金(平成13年度)に採択され、7mの長尺ワークの自動真空洗浄機の実機を完成させたほか、福 岡県中小企業経営革新の新促進に選定され(年)この活用で販路拡大事業を進めました。.

(1)卸売業(卸売商,産業用大口配給業,卸売を主とする商事会社,買継商,仲買人,農産物集荷業,製造業の会社の販売事務所,貿易商など) (2)製造問屋(自らは製造を行わないで,自己の所有に属する原材料を下請工場などに支給して製品をつくら. さまざまな産業分野のうち、CO2を多く排出しているのはどの産業分野でしょう?第1位は、熱を多く使用する「鉄鋼業」(「水素を使った革新的技術で鉄鋼業の低炭素化に挑戦」 参照)。そして第2位は、プラスチックなど身近な製品の原料を製造する「化学産業」です。日本で1年間に排出されるCO2の約6%が、化学産業に由来しています。 「人工光合成」は、化石燃料からの脱却など、脱炭素化を実現するためのキーテクノロジーです。理科の授業で習ったように、「光合成」とは、植物が、太陽エネルギーを使ってCO2と水から有機物(でんぷん)と酸素を生み出す働きのことです。「人工光合成」はこれを模したもので、CO2と水を原材料に、太陽エネルギーを活用する形で化学品を合成する技術です。. . コージェネレーションシステム(コジェネ)とは、「共同」や「共通」という意味を持つ「コー(co-)」で始まる名前の通り、2つのエネルギーを同時に生産し供給するしくみです。現在主流となっているコジェネは、「熱電併給システム」と呼ばれるもので、まず発電装置を使って電気をつくり、次に、発電時に排出される熱を回収して、給湯や暖房などに利用します。 発電の燃料には、天然ガス、石油、LPガス、バイオマスなどが使われています。発電装置としては、産業用で大規模に使用されることの多いガスタービン、広く業務用として活用されるガスエンジンのほか、ディーゼルエンジン、蒸気タービン、さらに近年は燃料電池も使用されるようになっています。たとえばエネファームは「家庭用燃料電池」とも呼ばれ、水素を使って発電するしくみです(「『水素エネルギー』は何がどのようにすごいのか?」参照)。.

See full これでわかる産業用洗浄技術 - 経済産業省特許庁 list on enecho. そこで経済産業省では、さまざまな省庁と連携し、取り組みを実施しています。 FIT制度であれば、国内材を使用する木質バイオマス発電事業者がFITの認定を受けるにあたって、その燃料使用計画は持続可能な内容となっているかどうかを都道府県がチェックしたり、林野庁も必要に応じてヒアリングできるしくみを構築しています。 また、林業を管轄する農林水産省とは、「木質バイオマスの利用推進に向けた共同研究会」を実施し、森林資源を地域内で持続的に活用していく「地域内エコシステム」の構築を検討してきました。報告書においては、地域の森林資源を再びエネルギー供給源として見直し、集落内で完結する、比較的小規模で、集落の維持・活性化につながる低コストなエネルギー利用をどのように進めていくかという観点から、新たな施策を検討した内容をとりまとめています。 これでわかる産業用洗浄技術 年度からは経済産業省、農林水産省を含む7府省が連携して、「バイオマス産業都市」を推進しています。この取り組みは、バイオマスを活用した地域の産業創出と地域循環型のエネルギーの強化に向けた取り組みをおこなう自治体を、事業者と連携することなどを条件として、「バイオマス産業都市」に認定するものです。年は、新たに11市町村をバイオマス産業都市として選定しました。 こうした官民一体となった取り組みを通じて、資源となるバイオマスの安定的な供給やバイオマス・エネルギーの利用拡大を積極的に進めていきます。. これまで、国内の製造業の役割や各国における製造業の見直しなどを通じ、製造業の重要性や次世代型製造業への転換の必要性を述べてきたが、製造業を今後も維持・拡大していくには、国内設備や研究開発への投資を促すことのできる立地環境が重要となる。しかし長い間、いわゆる六重苦と言われる「為替の安定」、「法人実効税率の高さ」、「経済連携協定への対応」、「労働規制・人手不足」、「環境規制」、「エネルギーコスト」の問題、さらに長期間のデフレ経済が日本企業を苦しめてきた。 事業環境の改善などの観点で必要とする事項を年6月時点で聞いてみると、「為替レートの安定」、「法人税減税などの税制面の改善」との回答が約6割ある(図121-35)。円高是正に代表されるように、そのうちいくつかはその後解消の方向に向かっているが、エネルギー問題や人材不足のような、依然として大きな課題もある。いずれにせよ六重苦の解消は国内の立地競争力の強化において重要である。. アイデアソンやハッカソン、メイカソン等の隆盛によって、ものづくりに参入するプレイヤーが拡大しつつあるものの、ビジネスの担い手はまだまだ少ないのが現状である。 こうした現状を打破するには、先輩起業家から後輩起業家へのメンタリング(伴走型)支援が非常に重要である。特に、ものづくりにおいては、量産化のノウハウ、量産工場等とのネットワーク、試作品や量産品のPR、クラウドファンディングにおけるノウハウ等が成功率を高めるために必要であり、メンタリング(伴走型)支援の仕組みを構築できれば、ものづくりベンチャーの成功率を上げていくことができると思われる。なお、メンタリング(伴走型)支援の仕組みの構築においては、アクセラレーターの存在が重要であるが、日本ではまだ少ないのが現状である。 また、日本には製造大企業や町工場の集積などがあり、量産・製品開発拠点として大きな力をもっているが、ものづくりベンチャーとの協業はまだ十分とはいえない。製造大企業や町工場の集積とものづくりベンチャーとのネットワーク構築を促し、日本での量産・製品開発環境を向上させることで、国内外を問わずものづくりベンチャーを集積させ、日. 産業財産権、すなわち特許権、実用新案権、意匠権、商標権の利用形態として、次のものがあります。 (1)新しい技術、新しいデザイン、ネーミングやロゴマークなどを、自社製品・サービスに独占的に使用する(類似の技術、デザイン、ネーミングやロゴマークなどを使用する他社を排除. 271 3 tokugikon 抄録 医療技術の と 1. 経済産業省はIoT(モノのインターネット)社会に対応し、標準規格技術の知的財産に関する制度・政策を10月から検討する。特許庁と共同の内部. はじめに 平成23年7月1日より、2年間にわたって経済産業省商 務情報政策局ヘルスケア産業課医療・福祉機器産業室に出.

中部経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室 〒名古屋市中区三の丸2丁目5番2号 TEL:FAX:. 我が国の産業が、「稼ぐ力」を取り戻し、激しい国際競争に打ち勝っていくためには、成長分野への投資や雇用のシフトが重要である。既存企業の改善だけでは、日本企業の体質や慣行を一変させることは困難であることから、産業の変革のためにはベンチャー企業の育成が必要となる。産業の変革の旗手たるベンチャー企業が、技術、アイデア、人材を最大限に活用し、新たなフロンティアに果敢にチャレンジすることで、既存の大企業や地域を巻き込んだイノベーションの発生が期待される。 ただし、我が国の開廃業率は、英米の約半分程度であり、新陳代謝が進んでいないのが現状である(図123−53)。また、米国では、経済を牽引する代表的な企業の約3分の1は、1980年以降設立の新しい企業であり、こうした新しい企業の時価総額は約3.8兆米ドルと米国GDPの2割を超える規模になっている。一方我が国では、企業数は約8分の1、民営化・合併・ホールディングス化などの新規設立以外の企業を除いた時価総額は約700億米ドルにしか満たない状況である(図123−54)。 ベンチャー企業が次々と生まれ、世界をリードする新産業が創出され、経済のメインプレ. 4%となっている(図122-74)。 米国と中国に研究開発拠点を設置する理由については、「海外市場の獲得」が一番多く、「海外の人材や情報の獲得」、「海外企業との共同研究の推進」と続いている(図122-75)。一方で、米国、中国において注目している技術領域を聞いてみると、「自動車」や「産業機械」は両国ともに高くなっているが、米国においては「医療機器」や「デバイス」が続いて高くなっており、中国は「素材・材料」が高いなど国ごとに注目している分野に特徴があることが見て取れる(図122-76)。 先程述べたように研究開発拠点は大半が国内に残ってはいるが、我が国製造業における研究開発費は年には約12. 経済産業省関係化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律施行規則第二十条第一項の届出等及び同令第二十条の二の届出を行おうとする者の使用に係る電子計算機の技術的基準並びに同令第二十条第二項第三号の電子証明書等に関する告示 (pdf形式:70kb). 7万kW(9件)であったのに対し、年度末時点では85万kW(218件)と大きな伸びを示しています。 また、熱利用に関する支援政策や、地域の自立したエネルギー活用モデルの構築を支援する政策などでも、 バイオマス・エネルギーの利活用を推進しています。. 「バイオマス」とは、生物から生まれた資源のこと。森林の間伐材、家畜の排泄物、食品廃棄物など、さまざまものが資源として活用されています。 これらのバイオマスは、燃料にして発電したり熱を供給するなど、エネルギーとして利用することもできます。バイオマス・エネルギーは、使用すればCO2を排出するものの、CO2を吸収して成長する木材などを材料として使っていることから、全体で見れば大気中のCO2の量に影響を与えない「カーボンニュートラル」なものです。 さらに、バイオマス・エネルギーは、地域活性化に役立つ可能性も持っています。間伐材や家畜の排泄物のような資源は、その多くが地域の農村や漁村に存在しているためです。これらをエネルギーとして利活用できれば、エネルギー関連の新しい産業を地域に生み出すことができます。このような理由から、バイオマス・エネルギーは、新エネルギーとして拡大が期待されています。.

3%と言われます)を大幅に上回る太陽エネルギー変換効率を実現する必要があります。 このため、光触媒については、太陽エネルギー変換効率の向上に向けて新しい光触媒を探したり、実際に触媒を使うための形態にする成型加工技術の研究を進めています。水素と酸素を別々の光触媒で生成する「タンデムセル型光触媒」では、年度に植物の光合成の約10倍となる世界最高の太陽エネルギー変換効率3. 7%となっている(図122-73)。 このように海外に研究開発拠点を持っている企業は多くはないが、実際に研究開発拠点がある国としては、大企業は「米国」が57. バイオマス・エネルギーの利用を拡大するためには、その燃料となる資源を安定的かつ安く確保できる状況をつくることが必要です。たとえば、木材(木質バイオマス)を利用したバイオマス発電のコストは、燃料費が約7割を占めるとされており、発電のコストダウンの方法をよく考えていくことが必要です。 また、木材の有効活用を図るためには、1本の木をすべてエネルギーに利用するのではなく、建材などのマテリアル(材料)として利用できる部分はそれぞれの用途に利用し、利用できない部分は燃料としてエネルギー源とすることが求められます。 そのため、木材の需要拡大をはかり、持続的で安定的な供給の実現につなげていくという課題を解決することは、林業の産業としての成長や、森林のある中山間地域の産業振興につながるだけでなく、バイオマス・エネルギーの燃料の安定供給にもつながります。バイオマス・エネルギーの推進施策は、林業施策と連携して取り組んでいくことが重要となるのです。.

7%に向上しました。今後もさらなる高精度化を進め、最終的には太陽エネルギー変換効率10%を目指します。 また、人工光合成の低コスト化に向け、世界初の技術である「混合粉末型光触媒シート」の開発も同時に進行しています。混合粉末型光触媒シートとは、水に沈めて太陽光をあてると、1枚のシートで水から水素と酸素を生成することができるというもの。人工光合成の実用化に不可欠な大面積化、低コスト化に適しています。このシートの現在の太陽エネルギー変換効率は1. make AKIBA「Next Innovators Pitch」のセミナーに登壇し ます!. ものづくり基盤の強化に向けて、人材育成・活用が重要であるが、これまで述べてきたとおり、少子化に伴う生産年齢人口の減少が続くことに加え、地方から都市部への人口流入も進んでおり、これらが地域の経済社会に及ぼす影響が大きくなると見込まれる。年における都道府県別の転入・転出超過数をみると、東京都は大幅な転入超過であるが、東京都以外で転出者数より転入者数が多いのは首都圏を中心とした6県のみであり、これら以外の40道府県では転出者数の方が多くなっている(図123-28)。 こうした状況の中、地域創生の観点から年12月27日に閣議決定された「まち・ひと・しごと創生総合戦略」では、地方における安定した雇用を創出することが基本目標の1つに掲げられるなど、地方における雇用の受け皿としての企業の役割が期待されている。 我が国における企業の総雇用者数をみると、総企業数の約386万社における常用雇用者数は3,759万人である。常用雇用者数を企業規模別にみると、雇用者数1,000人以上の大企業では1,196万人、雇用者数が1,000人未満の中堅・中小企業では、2,563万人が雇用されており、中堅・中小企業における雇用者数は大企業に比べて2倍程度多くなっている(図123-29)。 また、本社所在地域別に雇用者数をみると、雇用者数1,000人以上の大企業は三大都市圏に立地している割合が高く、雇用者数5,000人以上の大企業では、全体の6割超が三大都市圏に立地している。他方、雇用者数1,000人未満の中堅・中小企業では地方部に本社を構える企業の割合が高く、地方における雇用の受け皿となっている。特に、雇用者数が100人以上~1,000人未満の中堅企業は、雇用数が945万人と大企業と同程度の雇用者数を有しつつ、地方部に立地する割合が高く、地方の雇用創出において、重要な役割を果たしていることがうかがえる。 地方における雇用の受け皿として重要な役割を担う中堅企業には、国内の製造拠点を中心に製造しながらも特定分野の製品・技術に強みを持ち、ニッチな市場において国際競争力を有する企業が多数あり、地域経済の中核的な機能を果たすと同時に、我が国の輸出を支える優れた企業が多くみられる。このような中堅企業を各地域において振興、創出していくため、製造業における中堅企業の位置づけについて考察を行うことと. 令和2年5月 「経済産業省高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理実行計画」を改訂しました(pdf形式:386kb) 令和2年5月 led照明導入促進事業(中小企業等におけるpcb使用照明器具のled化によるco2削減推進事業)の公募が開始しました(環境省ホームページ). 経産省の要請を受けた 独立行政法人 製品評価技術基盤機構(nite)により、 新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について第二回検討委員会が開催されました。. コジェネは現在、工場などの産業用や、商業施設や病院などの業務用、家庭などで使われています。また、都市の再開発などの際にコジェネを整備し、地区やコミュニティ全体に電気と熱を供給する(面的利用)という事例もあります。.

長坂経済産業副大臣が第2回再生可能エネルギーの系統統合に関する国際閣僚会議に出席しました 年10月23日 小売電気事業者等の登録を行いました(令和2年10月23日登録) 「冬季の省エネルギーの取組について」を決定しました 年10月21日. 4%と一番多く、「研究開発(基礎)」、「マザー工場(基幹部品生産など)」、「研究開発(応用・試作)」と続いている(図122-9)。 また、国内生産拠点の役割を尋ねてみると、「海外拠点との差異化を図るための拠点」と位置づけている企業が多くなっている(図122-10)。また、海外との差異化拠点としての具体的な役割としては、新しい技術や製品など新たな価値創造を生み出す「イノベーション拠点」、海外へ移管する生産技術や海外工場のバックアップを担う「マザー工場」という回答で7割を超えており、国内拠点は海外拠点をリードしていく役割を担っており、高付加価値化につながる高度な技術や新しい. See full list on meti. 年 『知財功労賞 特許庁長官表彰』を受賞(特許活用優良企業) 年 経済産業省より「元気なモノ作り中小企業300社」に選定 年 経済産業省より「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定: 幸福創造型企業を目指して: 社是. 本書は、工場の省エネルギーを検討されている方に産業用ヒートポンプについて博(ひろ)く知っていただくことを目的に、工場における熱の使われ方、熱をどれほど捨てているかの概算方法、その熱を有効利用できる産業用ヒートポンプの仕組み、導入の. このような動きは若干あるものの、大きな流れとしてはグローバル最適生産、地産地消の動きには変わりがなく、国際分業はますます進んでいくと考えられる。また、アジアを始めとした海外生産の技術レベルも向上してきている中で、国内の立地競争力を維持・強化していくためには、国内拠点の役割を明確にし、海外拠点と差別化していく必要がある。 アンケート調査により、大部分を国内に残す方針である部門を聞いてみると、「企画・経営管理」が79. 4%と続いている(図122-1)。設備投資の中でも国内への配分を増やしていく傾向が見て取れる。 国内への投資が増加傾向にあるが、設備投資の目的は変化しつつあり、「能力増強」は年をピークに減少している。年には20.

2560) 経済産業省は,年度予算の概算要求に20億円を計上し,中国の特許文献を日本方式「ファイル・インデックス(FI)」で分類する事業を始める。これまで中国の特許関連書類の約4割は翻訳されておらず,日本で分類されていない. 再生可能エネルギーである太陽エネルギーを活用し、さらには工場から出るCO2を原料として使用するこの技術は、化石燃料を使う場合と比較して、基幹化学品の製造プロセスにおける大幅なCO2排出量の削減にとどまらず、CO2を取り込んで炭素化合物としてとどめておくことで大気中のCO2を減らす「CO2の固定化」を通じて脱炭素化の実現に大きく貢献すると期待されています。 今後も研究を着実に進め、日本発の脱炭素化に向けた技術として世界に先駆けて実用化を果たし、世界の脱炭素化にも役立つことが期待されます。. 自動車産業はグローバル化が進んでおり、日系メーカー12社の年の生産は合計2,725万台で、うち海外生産は1,748万台と、6割以上が海外で生産されている。リーマンショック以降この傾向は強まっており、年に5割であった国内生産比率は、足下では4割まで低下している(図122-22)。現在、自動車産業は、需要のある消費地の近くで生産を行う「地産地消」を基本としており、国内での需要が500万台前後で伸び悩む中で、旺盛な海外需要には海外生産の拡大によって対応している状況が明確になってきている。 こうした状況の中で、輸出比率(国内生産のうち輸出向け台数比率)は、緩やかに減少傾向にあるが、その背景には、一部で為替による影響の抑制やコスト削減を図るために、日本から海外に生産を移転し、更なる「地産地消」を進める動きがみられるところである(図122-23)。なお、国内乗用車メーカー6社の輸出比率や生産台数の推移を見てみると、本田技研工業(株)のように「地産地消」の傾向がより強く、輸出比率を大きく引下げたメーカーもあれば、トヨタ自動車(株)のように国内生産を一定程度保っているメーカーもあ. 人工光合成の鍵となるのは、日本が国際的に強みを持つ「触媒技術」です。ここでは特に、プラスチックなどの原料になる「オレフィン」を合成する例について紹介しましょう。 人工光合成では、まず、「光触媒」と呼ばれる、光に反応して特定の化学反応をうながす物質を使います。この光触媒は、太陽光に反応して水を分解し、水素と酸素を作り出します。次に、「分離膜」を通して水素だけを分離し、取り出します。最後に、取り出した水素と、工場などから排出されたCO2とを合わせ、化学合成をうながす「合成触媒」を使ってオレフィンを作ります。. 株式会社J-オイルミルズのプレスリリース(年7月2日 16時00分) 商標登録のお知らせ おいしさデザイン(r)とおいしさデザイン工房(r)が、経済. 第4次産業革命の技術は、全 用化が強く求められている技術化を図るべく、現場からその実ように、負担軽減や高度化、効率向上させた医療・介護ロボットの工知能により認識・制御機能を段階になってきた技術がある。人いた物流など、実用化が秒読みう。.

これでわかる産業用洗浄技術 - 経済産業省特許庁

email: cekimi@gmail.com - phone:(441) 851-9568 x 2860

アジモフ博士の地球の誕生 - アイザック・アシモフ - マーラーの交響曲

-> A4 大阪市鶴見区 2008
-> 働くママ&パパのためのはじめての保育園 - 保育園を考える親の会

これでわかる産業用洗浄技術 - 経済産業省特許庁 - 吉田満春 太平洋の奇跡


Sitemap 1

中国正史の古代日本記録 - 壱岐一郎 - コールサート 悩み多きペニスの生涯と仕事